yoikuhiloan

世の中には様々な事情を抱えながら生きている人が大勢いらっしゃいます。

赤の他人どうしが出会って結ばれて夫婦になると、その途上で一緒に歩んでいけなくなったり、考え方や生き方の違いが決定的になったり、あるいはパートナーの裏切りにあったりしてわかれ別の道を歩むこともあるでしょう。

そんな時、もしも子供がそこに生まれていれば、別れた後も子供の親としてが成人するまで養育費を支払い続けることになります。

多くの場合、この役目は男性側が担うケースが多く、子供が男性側の親権に入るのではなく妻側についた時に、取り決められた通りの金額を毎月決められた方法で相手側に支払います。

となると、これらの養育費を支払う側にとってみれば毎月のこの出費は金額的にも大変大きく、生活していくうえで痛いものです。

養育費と生活費の二重の出費は凄く大変

家族が出て行ってしまったこともあり、生活費の部分で少しだけ浮く部分があったとしても、結果的には養育費として10万から15万といった金額を捻出し続けると、いつしか自分自身の経済状態をも破壊してしまいかねません。

しかし、これらの支払いを拒否したり、支払いが遅れがちになってしまうのは親としての責任放棄になりますし、子供の手前、カッコ悪いもの。

子供に責任のある大人の態度を見せる上でも、もしお金が不足するようなことがあれば、然るべき金融機関で借入をおこなうなどして問題解決に取り組むことにもなります。

養育費のお金が足らない時は借入を検討

お金が足らない時に、借入で思いつく銀行か消費者金融のどちらかの選択を考えます。

消費者金融のカードローンでは総量規制などの問題上、借入額にも限度が生じます。一般的には年収の1/3を超える融資を受けることができません。

その一方で銀行カードローンの借入であれば総量規制対象外なので年収の3分の1を超える融資でも受けられる場合があります。また、銀行は通常の消費者金融などに比べても年利が低く抑えられており、返済の際にもさほど大きな負担にはならないというメリットがあります。

そして、誰もが普段から口座開設しているなど親しみが深いことから、気分的にも安心して借入の契約に進むことができるというメリットもあります。

銀行の中にも様々な融資方法が存在しますが、養育費などの捻出にあてるとするならキャッシングやカードローンといった少額融資サービスが最も手続きがスピーディーでとても便利!

とにかく、すぐにお金を借りたい方は、無利息期間(金利0%)のサービスを提供しているカードローンがおすすめ!
詳しくはこちらをチェック 今すぐお金を借りれる所!

キャッシングより銀行カードローンが便利

キャッシングといえばネットや電話にて融資申込みを行い、これが認められるとすぐに銀行口座に一括振り込みが行われることとなる融資サービスのこと。

その一方、カードローンは一枚の個人カードを発行し、これを近くのATMまで持参して機器に通すと、すぐに希望額を借り入れすることができるという融資サービスのこと。

このカードローンサービスは銀行ATMでも利用できますし、またコンビニとの提携を進めていることも多く、店内ATMを使いさえすれば24時間いつでも借り入れが可能となります。

カードローンでは融資限度額の範囲内であればいくらでも、何度でも借入が可能でを引き出すことができるのも便利です。

深夜や早朝など時間に限らず飛び込んできた緊急性の高いお金などにも応えてくれるので、養育費の支払い日が間近に迫っていて現金が不足しているという切羽詰まった状態でも、余裕を持って契約手続きすることで対処できるカードローンのメリットがあります。

養育費として利用できる銀行ローン契約方法

実際にカードローン契約を行うにあたっては、まずネット/電話/店舗窓口/自動契約機/郵送などの中から自分にあった申込み方法を選択できます。

その上で申請フォームに氏名/住所/生年月日/職業/勤務先/年収/希望借入額など、もろもろの情報を記入します。

また身分証な年収証明書の提示が必要となるケースも多く、スマートフォンからの申請ならばカメラ機能で撮った画像データを送ることもできますし、コピーの郵送やファックスなどで先方に送ることも可能です。

自動契約機を使えば室内に設置してあるカメラやスキャナーを使ってデジタル化したデータを自動送信してもらえます。

銀行カードローンの審査内容

申請情報が揃うと、いよいよ審査がスタートです。その過程では信用情報機関への照会を行ったり、勤務先への在籍確認が行うこともあります。

信用情報には過去の借り入れ履歴や現在の借り入れ総額、それに返済事故の有無なども全て記録に残っていますので、そこから信用度を算出することも可能です。

ブラック情報があると借り入れが困難になることもあるので注意が必要です。

その一方、在籍確認では担当者が実際に勤務先に電話をかけてその連絡先が正しいものか、本当に申請者本人が在籍してい働いているのかも確認します。

こういった審査の過程が全てクリアできて信用度の面でも返済能力や経済力の面でも申し分なしと判断されれば晴れて融資を受ける事が可能となります。

新規カードに関しては自宅へ郵送してもらうこともできますし、自動契約機での手続きが終わると自動的に発行されるカードローンもあります。

またカードが発行されていなくても、自信の口座へ振り込みにも対応していますので、申込みをしたその日に融資を受けることも可能となります。

いずれにしても、カードを受け取った瞬間から融資が利用できるので、養育費の面で頭を悩ませることがなくなり安心できます。

ですが、銀行にしても消費金融にしても、養育費としてカードローンで借入をおこなった時点で借金となり、毎月返済をんしないといけません。

養育費/生活費/ローンの返済と毎月支払うお金の負担が増えることを自覚して、よく考え計画的な借入を心がけないといけません。もしローン破綻などになってしまっては、養育費も払えず親としての責任を果たすことすら出来ずにとても悲しいことになってしまいます。