soryokisei
貸金業規制法は貸金業法へと改正され、貸金の規制が強化されました。

この改正の大きなポイントは総量規制と上限金利20パーセントへの引き下げです。主婦がキャッシングを利用するさいに重要になってくるのが総量規制です。

というのも、消費者金融やクレジット・信販会社に任されてきた融資の審査が、貸金業法へ移行するにあたって、年収による規制を受けるようになったのです。これを総量規制といいます。法律が定める融資可能額は、一律に年収の3分の1になります。

つまり、収入のない主婦は融資を受けられなくなったのです。では、主婦がキャッシングを利用するためにはどうしたらよいか。注目すべきは法律の名前です。

貸金業法、つまりこれは貸金業者に定めた法律であり、年収3分の1の規制を受けるのは貸金業者のみです。

総量規制!対象と対象外のカードローンとは?

貸金業者とは、消費者金融会社、クレジット会社(キャッシングのみ)、信販会社(キャッシングのみ)を指します。

キャッシングカードは貸金業者以外にも、銀行が貸付している銀行カードローンがあります。銀行は貸金業者ではなく、規制する法律も銀行法という別の法律があるため、貸金業法の規制を受けません。そのため、銀行カードローンなら、年収3分の1を超える貸し付けも可能なのです。

銀行をはじめとする、総量規制の対象にならないカードローンを総量規制対象外のカードローンといいます。

この中には銀行カードローン以外にも、信用金庫のカードローンや労働金庫のカードローン、農協のカードローンなどがあります。主婦がキャッシングカードを利用するときには、銀行カードローンを利用するとよいのです。

銀行カードローンのメリット

まず、年収による規制がないため、審査次第では年収3分の1を超える融資も可能です。

最近では、専業主婦でも融資可能を謳っている銀行カードローンが多くあります。銀行は個人向け融資に積極的になっており、サービスも充実しています。

たとえば、家や車などの通常のローンから、ローンのおまとめ、借り換えのサービスまで行っています。また、審査時間も、以前よりもずっと早くなっています。

銀行は個人にはなかなか貸してくれず、審査にも時間がかかるというイメージがあったかもしれません。

ですが、現在の銀行カードローンは最短即日審査・即日融資可能なカードローンがあります。以前よりもずっと利用しやすくなっているのです。もう一つのメリットは銀行カードローンなら収入証明書が不要ということです。

消費者金融では、限度額50万円を超える借入の場合、必ず収入証明書を提出しなければなりません。年収による規制を受けるためです。

銀行は総量規制の対象外

ほとんどの銀行では、自行貸付が限度額100万円以下であれば、収入証明書が不要になっています。

例えば、住信SBIネット銀行カードローンでは300万円までは収入証明書不要です。収入証明書のない主婦が融資をうけるとき、銀行カードローンはおすすめです。

また、銀行カードローンは融資を申し込む際の提出書類が少ないので、簡単に申し込むことができます。銀行カードローンを利用するときには、注意点があります。

というのも、誰でも借りられるわけではないからです。配偶者の年収や自己破産などの過去があるかなどで融資を断られる場合もあります。総量規制が実施された今日でも、銀行カードローンなどを使えば主婦でも融資を受けることができます。

ただし、お金は借りたら必ず返さなければなりません。融資を受けるときには、何のためにお金が必要なのか、返済するめどが立っているのかなどをしっかりと考えたうえで利用するようにするとよいです。

あとで後悔しないためにも、安易な気持ちで借りないようにしましょう。