sengyoshufuloan

専業主婦の方は、収入がご自身にないからお金を借りれないと思っていませんか。

そんなことは、ありません!専業主婦だってカードローンを利用できます。収入の無い専業主婦の方は無職とみられてしまいます。

なので無職で借りれるローンは存在しませんので、残念ながら消費者金融や信販会社ではお金を借りることはできないのですが、銀行ローンだと無職の専業主婦(主夫)の方でも融資を受けれます。

ですが、ご主人に安定した収入が継続してあることが絶対条件になります。日々、忙しく家事をこなし家計のやりくりをしている専業主婦の方でもお手軽にお金を借りることが出来る方法として銀行カードローンがあります。

専業主婦カードローンの利用ポイント!

ご主人にバレずに借りれる

低金利で借入できるか

スマホ・パソコンから申込みできる

済額が無理のない額である

すぐに審査結果がわかる

急な出費にも即日で借りれる

※ 本人に収入がなくても専業主婦がお金を借りれるのは銀行や信用金庫などになります。

即日融資OK!専業主婦におすすめのカードローン

総量規制対象外となる銀行カードローンでは、専業主婦も即日で融資が可能となります。

信用金庫のカードローンでも借入することは可能ですが、審査や融資までの時間がどうしてもかかり、利用できる地域内に住んでいることなどの利用条件があり申込みをしたくても出来ないこともあります。

そのような、悩みを解決してくれるのが全国対応の銀行カードローンです。

全国対応/ネット申込みOK/低金利/最短即日審査・融資などの特調がある専業主婦の方におすすめのカードローンはこちら!

収入のない専業主婦は総量規制対象外の銀行を選ぶべき!

総量規制とは、2010年に法律で定められた規制になります。内容は借り入れ総額が年収の1/3以上になると貸付できないと決められています。

では、総量規制の対象となる金融業者が消費者金融/信販会社/クレジット会社となります。

逆に総量規制対象外となるのが、銀行や信用金庫に労働金庫などの金融機関になります。

総量規制対象外となる銀行で融資を受けることができる専業主婦ですが、なぜ無職なに銀行のカードローンを利用できのかと言うと、ご主人に毎月安定した収入があるからです。

ご主人の収入があることで夫婦二人の収入(世帯収入)があるみなし融資対象者となるのです。

専業主婦カードローン審査事情

審査には、確認される各項目事項があり個人情報となる名前や生年月日に住所などの情報あ必ず照会されます。

そして、審査事情でもっとも重要なのが信用情報となり、申込み者のお金の事情を信用情報機関で見られるのです。

信用情報機関

全国銀行個人信用情報センター(KSC)
都市銀行/地方銀行/ネット銀行/信用金庫
株式会社シーアイシー(CIC)
クレジットカード/その他ローン/スマートフォンの分割払い
日本信用情報機構(JICC)
信販会社/消費者金融

信用情報機関から得た情報を元に、申込み者が申告に嘘がないか、現在借入額が多くないか、過去に借入があり返済の遅れや滞納がないか、事故歴となる破産などをしてないかなどの情報が記録している機関となります。

いくら、安定した収入がご主人にあっても、信用情報機関に記録される内容が悪いと融資も断られてしまいます。少しでも不安がある場合は、個人でも信用情報機関に、本人であれば内容を確認することが出来ます。

確実に、銀行カードローンの審査を通過させたいと思われている専業主婦の方は審査の申込みをする前に、各情報機関からご自身の履歴を確認をしてみるのも確実に審査通過させるための一つ手段となります。

専業主婦の審査には在籍確認がある

在籍確認とは、申込み者が申請した申込み内容の確認として、勤務先や電話番号などに居住先に引かれた電話などの確認目的があります。

この在籍確認には金融機関ほぼ行われます。専業主婦の方は、勤務先があるわけではないのでどこに在籍確認されるのか気になると思います。

専業主婦の場合、在籍確認はご自身の携帯電話に電話がかかってきます。また、自宅の固定電話への確認は基本ありませんので、家族に在籍確認の電話でバレることはなく、安心して申し込みができます。

在籍確認は審査の最後に行われるケースが多いみたいなので、不備がないように確実に在籍確認を無事終わらせたいところです。

安定した収入のある主婦の方にはレディースローンもおすすめ!