pckonyu

パソコンの購入方法

パソコンを購入する際に手持ちの現金で支払いをするのが難しいなら、クレジットカードで購入や店舗やショップサイトのショッピングローンを組んで支払う方法もあります。

ただ、総合的に考えてカードローンを利用して、借入をしてから現金決済をした方がいい場合があります。

パソコンの購入にクレジットカード

クレジットカードの場合は、パソコンが非常に高額だった場合に気をつけたいことがあります。

クレジットカードの現金化の恐れがあるとして、利用が差し止められることがあります。事前にコールセンターに連絡して、高額商品を購入する予定があると説明をしないと、途上審査にも影響を与えて、利用を拒否されてしまうことがあります。

クレジットカード会社の都合ですので、信用情報に傷が付く心配はまずありませんが、使い勝手の良いカードであれば、非常に残念な思いをするでしょう。

店舗等のショッピングローンについては、家電量販店などの実店舗やショップサイトのローンと、メーカー直販ショップのローンとに分かれます。

パソコンの購入に店頭ローン

店舗のローンについては、審査時間もかなり短く、30分程度で結果が出されることがあり、迅速に利用できます。

クレジットカードに比べて、比較的支払い回数を多くすることも可能です。ただし、回数が多いほど金利が高めになる傾向もあります。

また、利用できる金額の下限が設定されることがありますし、審査結果によっては、本人確認の書類以外にも、保証人や収入を証明する書類が必要な場合があります。

店舗によって、提携している信販会社が違いますから、過去に延滞や返済遅れがあった信販会社の場合には、審査時に不利になることも考えられますので注意しましょう。店舗独自のクレジットカードの作成を求められることもあります。

メーカー直販ショップのローンについては、店舗のショッピングローンに比べて金利が低い、もしくは、規定の回数までは金利がかからない場合があります。

しかし、メーカーの会員にならないと利用できない場合もありますので、事前に確認するといいでしょう。

パソコンの購入にカードローン

カードローンの利用をする場合は、手続きまでに少し時間がかかる場合がありますが、前日に申し込みから契約まで済ませておけば、すぐに借入ができます。

ただ、カードローンでも銀行の商品を選んだ方がおすすめでしょう。

カードローンですぐに借りられるようにするには、できるだけ提出する書類を少なくしておくのがいいので、本人の確認ができる書類を提出するだけのものを選ぶことになります。

消費者金融の場合は、初めて申し込みをする場合は、希望限度額を高めに設定したとしても、利用歴がないため、だいたいにおいて50万円に満たないことが多いです。

50万円を超えると収入証明の書類が必要になりますし、あまりにも希望額を大きくしすぎると、審査の際に返済能力を疑われることもありますし、総量規制の影響もありますので、借入額に規制がかかります。

通常の場合なら、50万円に満たない額でも問題ないように感じられますが、パソコンが高額だった場合に金額が足りないことがありますし、限度額が低めの分、金利が17%から18%台とクレジットカードのショッピング利用や、ショッピングローンの利用時よりも大幅に高くなることがあり、総支払額が増える可能性があります。

パソコンを買うなら銀行カードローン

銀行カードローンは、収入証明書の提出が必要になる希望額が低い場合でも100万円以下の所が多です。

多めの希望額を出しても、本人確認の書類だけで借入ができる可能性が高いですし、金利も13%台から15%前後のものが多く、あまり代わりがありませんし、余裕がある時に随時返済が手数料無料でできるため、借入期間を短縮し、利息の発生を抑え、総支払額を軽減することも可能になります。

そのため、銀行カードローンの利用がおすすめになるのです。

パソコン購入に選ぶカードローンの注意点

銀行カードローンを選ぶ際に注意したいのは、すぐに借りれるところかどうかです。

平日のお昼頃までに手続きをすれば、即日での融資に対応できるため、できるだけ、そのくらいの時間に契約までを済ませておくようにしましょう。

できれば、預金口座がある金融機関に申し込めば、すぐに対応してもらえることもありますし、カードがなくても、電話やインターネットバンキングの専用メニューから振替手続きをしてもらえるので、迅速に借入ができますが、口座がなくても、申込者名義の他の銀行預金口座に振込キャッシングしてくれるところもあります。

ネット対応の銀行の借入がスムーズ!

ネット銀行やネットバンキングに対応できる場合は、申し込みから契約までをインターネットの手続きだけで済ませられるので、非常に便利です。

ただし、勤務先での在籍確認が難しいようであれば、事前にコールセンターに相談して、スムーズに手続きができるように対処しましょう。

一部のカードローンは、土日祝日でも手続きに対応してもらえることがありますが、預金口座が必要になることもありますし、受付機に出向いてローンカードを発行するのが条件となることがありますので、最寄りにない場合は難しいことがあります。