partsilyufu

パート勤めで銀行カードローンの借入を利用しようと思ったら、申し込み手続きを行って審査に通過しておかなければなりません。

しかしローン商品の審査というものは、属性が低い人ほど無事に通ってくれるかどうか怪しくなってしまうものです。

ですから毎月パート収入しかない主婦であるのなら、間違いなく正社員として働いているOLに比べ属性は低くなってしまいますので無事に審査通過できるか心配になります。

そんな心配を感じる時は、ぜひ融資希望金額を最初から少な目に希望して申込みをすることで、僅かでも審査に通りやすくなることが期待できます。

パート勤めの借入希望額の目安は!

希望額を少額にする目安となるのは、総量規制です。総量規制というのは、簡単に言うと「年収の1/3を超える借入は出来ない」という意味です。

銀行は貸金業者ではないので総量規制の対象外ではあるのですが、それでも目安にはなるのです。

例えば、毎月のパート収入が5万円の主婦であるならば、年収に換算すると60万円になります。
ですから銀行カードローンでお金を借りるにしても、借りられる限度は目安として20万円までだと考えて間違いありません。
たとえ総量規制対象外の銀行であったとしても、必ず年収の1/3を超えるお金を貸してくれるわけではないのです。

いくらパート主婦で安定した収入があるとしても、時と場合によっては借りられることもあるのだと考えておくのが現実的です。

特に属性が低い人にとっては尚更、目安の金額として十分に参考になるのです。

パート勤めの方が確実に借入できる金額はいくら?

いずれにしても年収が60万円であれば、融資希望金額を10万円程度にして銀行カードローンに申し込めば、まずは審査に通る可能性は十分にあると考えられます。

ところが、希望金額が20万円ならば通るかどうかは微妙になってきますし、ましてや30万円以上を希望したら通ってくれる可能性は非常に少ないと考えるべきです。

厳しいようですが、それが現実なのです。ですから、こうした現実をしっかりと見据えた上で申し込み手続きを行うことこそが、銀行からお金を借りるための一つの裏事情なのだと考えて間違いありません。

希望融資額で審査通過できる額について

ちなみに年収が60万円しかないのに融資額を30万円に希望してローン商品に申し込んでも、結果的に10万円しか認めてもらえないようなケースは世の中には沢山あります。

ですから、最初から大きめの融資額を希望して申し込んで良いのではないかという考え方もあります。

しかし、それでは金融機関に対する心証が悪くなってしまう恐れがあります。つまり「この人は年収が60万円しかないのに30万円もの大金を希望して申し込んできた。余程お金に困っているのではないか」と、金融機関から警戒されてしまったり、心証を悪くしてしまうことがあるのです。

そうした警戒心や心証の悪化とは、ローン商品に申し込む人にとっては不利な材料にしかなりません。ですから、最初から融資希望額を多めにして申し込むのは考えものだと言えます。

結果、申込み時に提示する希望借入額は、ご自身の年収の1/3の金額を最高額として確実に審査に通すために、可能であれば希望額を下げて申込みをすることで審査も通されやすと考えます。

1つのカードローン申込みで借りれるか心配…

パート勤めの主婦が、無事にお金が借りられるかどうかが心配だからといって、複数の金融機関に同時に申し込み手続きを行うことは絶対にしてはいけません。

そうした行為は信用情報機関によって金融機関には筒抜けですので、やはり大きく心証を悪くしてしまう危険があります。

ですからカードローンやキャッシングなどを手当たり次第に申し込みをするような真似は、絶対にしてはいけません。それもまた、審査申し込みの大きなコツ裏事情の一つと言えます。

銀行カードローンと消費者金融の金利を比較

ところで銀行カードローンとは、消費者金融と比較すると、金利は少し低めに設定されていることが多い傾向にあります。

ローン 金利
消費者金融  ―  ―
 アイフル  年4.5%~18.0%
 プロミス  年4.5%~17.8%
 SMBCモビット  年3.0%~18.0%
 銀行  ゆうちょ銀行  年7.0%~14.9%
 ―  ―

金利が高いか低いかは、利息の支払い負担に直接的に関わってきますので、非常に重要なポイントになります。

ですからパート勤めの主婦のように経済力が少し心配のある方は、なるべくなら金利の低い銀行カードローンを積極的に利用するように心がけることで少ない返済額に抑えることができます。

パート勤めだとカードローン審査は厳しいの?!

銀行カードローンは消費者金融のキャッシングと比べると審査の難易度は少し高くなる傾向があるのです。

ですから、その点には十分に注意しなければならないです。何しろカードローンもキャッシングも、無事に審査に通過してこそ初めて使えるようになるのですから、まずは審査に通過しないことには話になりません。

また、もう一つ注意しなければならないことは、他社借入の件数や借入総額です。

そもそもパート勤めの主婦というものは、ただでさえ経済力が低いと見られてしまいがちで、社会的信用力も決して高くはないと判断されてしまう立場なのに、それなのに既に他社から借金をしているようでは、益々お金を借りるのは難しくなってしまいます。

ですから、「今抱えている借金」があるのなら、速やかに返済すべきです。そうしないと、借入件数によってはどこの金融機関に申し込んでも融資を受けることは難しいと言えます。