omatomeshurui
おまとめローンは、複数の金融機関からの借り入れやクレジットカードの利用残高を1つにまとめることができるローンです。

具体的に言えば、総額分を借り換えをしてそれぞれの金融機関へ返済することで借金を一本化して返済していくことになります。相手先それぞれの返済日を1つにすることが可能なため、管理をするのが楽になりますし金利の高いところから安い金利なところに借り換えをすることで、利息が軽減できるため、支払いの総額を抑えられる効果もあります。

また、支払期間が長くなっても、月々の返済額を軽減することで、生活が楽になるのをメリットと考える方もいます。

おまとめローンの種類

消費者金融、信販会社等の貸金業のローンと、銀行のカードローンやフリーローンをおまとめローン代わりに使うものがあります。

消費者金融や信販会社の場合は、貸金業にあたるため、カードローンについては総量規制が適用されますが、借金の一本化に対するローンの場合は、消費者が一方的に有利になる性質のローンのため、総量規制の対象とはなりません。

よって、収入の3分の1を超えても借り入れできる可能性があります。

ただし、カードローンの初回の借り入れでは50万円よりも少ない金額で貸し付けされるため、本人確認ができる書類のみで借りられたり、場合により在籍確認をなしにしてもらえる等、柔軟な審査が期待できますが、複数の借金をまとめるローンの場合は、希望額が大きくなりがちで、100万円を超える金額になることもあり、収入証明書が必要になったり、在籍確認があったりして、審査のハードルが確実に上がります。

審査を受けても通過率が極端に落ちる場合もあります。ただし、おまとめローンに申し込みをした消費者金融のカードローンを利用したことがあり、期日を守って返済する等の良好な利用歴があった場合には、金利が低く優遇されるコースを別に案内されることもあります。

借り入れをしている金融機関に1つにまとめられるローンがある場合には、検討してみてください。

信販会社のローンを利用する場合

信販会社の場合は、消費者金融よりも審査が厳しいと言う口コミもありますが、専用のコールセンターやデスクが用意され、電話で相談にのってもらえることがあります。

借り換えをする際のシミュレーションや、まとめる場合のアドバイスもしてもらえることがありますので、自分に向く借り方を考えることもできます。

また、融資が決まった場合には、相手先の金融機関に振込をして、自動的に返済するサービスを行っている場合もありますので、きめ細かいサービスが期待できる場合があります。

おまとめローンの審査が通過しやすいのは銀行?消費者金融?

銀行カードローンをおまとめに使える

銀行の場合は、総量規制対象外のため、カードローンやフリーローンがおまとめローン代わりにできることがあります。

銀行のカードローンのホームページでも、借り入れの一本化の案内をしていることがあり、積極的に貸付をしているところを選ぶといいでしょう。フリーローンは、多目的ローンとも呼ばれ、様々な目的に合わせて利用できます。

借り換え目的でも構わないとすることが多いです。限度額分を一度に借り入れして、相手先に返済します。

追加の融資は受けられないため、返済専門のローンとなり、決められた回数で月々の返済をしていきます。追加の借り入れがないことで、銀行側にもリスクが少なく、金利が低めで、カードローンよりも大きな額が借り入れできることがあります。

カードローン申込時にフリーローンの方を案内される場合がありますし、カードローンにフリーローンのサービスを付帯させるところもあります。

申込書を記載する際に、借り換えやおまとめ目的と記入し、相手先の金融機関や借入額を記載すれば、審査の際に考慮してもらえます。

借入限度額が大きくなれば、金利が低く優遇されるところが多いですし、消費者金融やクレジットカードの金利よりも低く軽減できる場合があります。

ただ、貸金業の金融機関と同様に、総量規制の問題がなくても、融資額がそれだけ大きくなるので、銀行側ではきちんと返済してくれるのか不安になる場合があり、審査が厳しくなることが予想されます。

複数の借入をおまとめできる件数

おまとめローンは金融機関により、様々な種類がありますが、共通しているのは、通常のカードローンに比べて審査が厳しめになることでしょう。

複数の金融機関の借金を一本化できると謳っていても、4社ともなると難しいことがあり、通っても非常に少ない金額でまとめることができない場合があるのです。また、申込者の収入に対してあまりにも額が大きすぎる場合には、返済能力を疑われることもあります。

申し込む前には、金利の高い金融機関から先に返済し、ある程度少なくすることも大事です。

また、何度も転職していると、安定した収入が見込めるのか不安視されることがありますので、できるだけ勤務歴を長くするのも重要なポイントとなるでしょう。

返済が苦しくても、月々の返済日に遅れて入金する、延滞する等があると、信用情報機関にマイナス情報として記載されますので、審査に不利になることから、絶対にしないように気をつけなくてはいけません。