omatomeloan
複数借り入れして借金を抱えていると、月々の返済額も増えてしまいます。

借入が複数あると返済日や額も、まとまりがなく手間がかかる場合もありますので、少しでも手間を省き、支払う額を少なくする方法として「おまとめローン」があります。

おまとめローンの審査に通れば、1つにまとめれるので返済も月1回だけで済み、月々の返済額を下げれると生活に余裕ができ、さらに利息を抑えられることから総支払額が軽減できるメリットもあります。

おまとめローンの審査基準

多額の借り入れとなることから、銀行でも消費者金融でも、新規にカードローンを申し込むよりも審査基準が厳しくなります。

新規申込時には不要だった年収を確認する書類も必要となり、在籍確認をする代わりに代替書類の提出で済ませることもできなくなります。信用情報機関の情報についても、他社借入額を丁寧に調べられ1・2回の返済の遅れについても、返済能力があるかどうか厳しくチェックされます。

おまとめローンとして利用する場合には、返済に必要な金額だけではなく何社から借り入れしているのか問題になることがあります。

借入件数は3社までの借入が望ましく、4社目で一本化をする。5社以上にのぼる場合は、ほぼ審査に通るのが難しくなります。

銀行と消費者金融のおまとめローン審査条件

おまとめとして、銀行カードローンをおまとめローンとして使う方法と、消費者金融のおまとめローンを使う方法の

を比較した場合どちらが審査通過しやすいのでしょうか。

また返済期間や額などを含めて検討をすると、どちらを選ぶべきなのか悩みます。

消費者金融のおまとめローンを利用する場合

実は消費者金融のおまとめローンは、利用者の利息や支払いを軽減する目的に貸付することから、総量規制対象外となり審査も通過しやすいと考えれるのです。

ですが、金利は銀行カードローンよりも高めになりますが、過去に借り入れ履歴があり、期日を守って約定返済をしたり、随時返済をして早めに返済しようとした良い記録が残っている場合には、低めの金利に優遇する消費者金融もあります。

また大口になれば時間がかかり審査基準が高いこともありますし、総量規制に準じた額を設定するために消費者金融のおまとめローンは、借入金額が低くなる場合もあります。

アルバイトやパートなどの収入が低く雇用が安定していない方は、一律50万円までを限度としている消費者金融が多く、おまとめローンとしての借入には向かない。

消費者金融に申し込みをする場合に、おまとめや借り換え目的としてと用途を記載する必要がありますし、審査に必要ですので、他社借入額を記載する欄に正確な金額を入力し、申請しなくてはいけません。

少しでも金額に間違いがあると、虚偽の申告をしたということで信用度が低くなる恐れもあります。利用明細等をしっかりと確認をして記入しないといけません。

銀行カードローンを「おまとめ」として利用する場合

銀行カードローンは、総量規制対象外となりますので、年収の3分の1を超える金額を借入できることになります。

限度額が上がるほど、金利が低くなる傾向にありますので、おまとめローンとしての利用に適しています。また多くの銀行がカードローンの詳細に「おまとめ・借り換えにも利用可能」と利用できることもアピールしています。

ただ、総量規制対象外と言っても、年収が低い場合や信用度が著しく低い場合には、希望に届かない額になってしまう可能性もあります。

おまとめローンを返済している最中もカードローンとして利用できますが、利用限度額が低いことがあり、返済してから限度額が上がることもあります。

このような方は、借金等を一本化する前に、ある程度個々の返済を進めていくことが重要となり、特に金利の高いものについては、優先的に随時返済を進めていくことをおすすめします。

また、まとめられる状況に備えて、返済の遅れや延滞などをしないように心がけると、銀行カードローンでまとめて一本化する際に審査に通りやすくなる可能性が高くなります。

おまとめや借り換え専用のローンを利用するよりも、自由に使用できる銀行カードローンの方が使いやすいと言えます。

銀行はおまとめや借り換え目的のローンもある

銀行の中には、おまとめローンの申告をすると、おまとめや借り換え目的で利用できる目的別ローンを付帯させたカードローンにしてもらえる場合があります。

目的別ローンとは、おまとめローンや借り換え、もしくは、旅行や歯の治療などの目的に合わせて利用できるローンのことを言います。

おまとめローン目的で利用する場合には、明細書や借入残高がわかる書類の提出をするように依頼されることもあります。

だいたい、10年以内に返済することが多く、回数も決められていることが特徴です。固定金利で、増額や追加融資が不可能な返済専門のローンとなるため、銀行カードローンよりも利息が大幅につきにくくなっています。

銀行によっては、相手先の金融機関に振り込んでもらえることもありますし、登録先の預金口座に振り込まれるため、自分で相手先に返済するのが必要な場合もあります。

おまとめローンとしての利用目的で貸付けされるので、確実に相手先に支払う必要があり、他の用途で使うことは認められないことがほとんどとです。

用途に反した場合は、契約違反となり、以降の利用が禁止され、一括での支払いをしないといけなくなりますので注意してください。

主婦も銀行ローンをおまとめとして利用できる

小額の融資を複数から借入をしている場合、収入証明書不要となる範囲内であれば主婦も利用できると考えれます。

例えば、90万円を3社から融資を受けていても銀行によっては300万円まで借入OKなカードローンもあり、十分におまとめとして利用できます。

毎月、複数の借入を返済していると返済期間も長く生活の負担としても大きいです。

少しでも早く借入できるカードローンを選び融資を受けることで、無駄なお金を支払わずに済みますので複数の借金をまとめたいとお悩みの方は、総量規制対象外で即日融資も可能な銀行カードローンがオススメです。