rakutenkuchikomi

レイクの30日無利息期間を上手く利用して借入

男性
サラリーマン
39歳

新生銀行カードローンレイクを利用したわけは、銀行がやっているという安心感と30日間の無利息期間があったからです。無利息期間内にボーナスが入る予定があり、元金を全額返せる自信がありましたので、それなら利息なしでお金が借りられると思いカードローンを申し込みました。申し込みは自動契約機で行いましたがカードが出るまでに40分程度しかかからずビックリしました。今まで利用したことのあるローンは郵送などの面倒な手続きがありましたから、時間と手間がかからないのは助かりました。その後すぐにキャッシングでき、その日のうちに現金を手にする事ができました。その後30日以内に無事ボーナスにより全額返済でき、利息は本当に1円もかからなかったです。助けてくれてどうもありがとうございました。

レイク借入!生活費が飲みすぎて足らない…

男性
会社員
42歳
学生時代の友人と久しぶりに再会して飲みに行って最初の居酒屋でかなり会話が盛り上がってしまいました。そのためその後数件居酒屋をハシゴしてしまいかなりお金を使ってしまいました。飲んでいる時は気分が上がっていたのでお金の事はほとんど気ににしませんでしたが、家に帰ってきて財布の中を見てみると2000円しか残っていませんでした。そのため生活費が足りなくなってしまいマズいという事に気づきました。給料日まで後10日以上あるので明らかに生活費が足りなくなってしまい人生の中で初めてキャッシングをする事になりました。初めてキャッシングする人は無利息期間のサービスが利用出来る業者がいいという事なので新生銀行カードローンレイクに申し込む事にしました。新生銀行カードローンレイクは30日間無利息と180日間5万円分無利息と2種類のプランがあって自分の都合が良い方を選択出来るという事でした。今回は生活費の補てんで5万円ぐらい借りる事が出来れば問題なかったので180日間5万円分無利息のプランを利用しようと考えました。申し込みは新生銀行カードローンレイクのホームページから申し込む事にしました。個人情報など必要項目を入力して本人確認書類はカメラで撮影して画像ファイルをメールに添付して提出しました。審査も40分ぐらいで結果が出て可決されたらホームページ上で手続きをして契約が完了しました。契約が完了したらお金を借りる事が出来る状態になるので振込キャッシングを利用して5万円借りる事が出来ました。金利は上限金利が適用されて18%と高い設定になっていましたが、今回は初めての利用という事で180日間5万円分無利息になりました。そのため180日以内で5万円を返済して無利息にする事が出来ました。新生銀行カードローンレイクの最大の特徴は無利息期間のサービスが2種類あるという事です。無利息期間のサービスは初めて利用する人が適用となるので初めてキャッシングをしようと考えている人は新生銀行カードローンレイクがおすすめです。

安心して融資を受けれる銀行カードローンレイク

男性
サラリーマン
31歳
今から5年前に新生銀行すなわちレイクのカードローンを契約したことがあります。レイクといえば消費者金融業界でも大手企業として有名であり、消費者金融全盛の時代から存在していました。今から15年ほど前までは消費者金融と言えば高金利で貸付し、毎月の利息が高いイメージがありました。しかし、現在では出資法に定められる利息上限29.2%以下ではなく利息制限法で定める15~20%となっています。レイクは、新生銀行となり消費者金融というイメージから銀行としての立場を獲得しつつあります。カードローンにおいて99万円以下でも金利は利息制限法で定められる金利15%に対し、14.8%と比較的に安心して利用できるものと思います。また、元本が減少すれば利息も減る『元本スライド方式』が採用されているため、ある程度は安心して契約できるカードローンを提供いていると考えます。しかし、実際のところは如何に元本スライド方式とは言えども、過払い金が発生する可能性があります。あくまで元本に適用されるのは年利であり、毎月の返済金額に対し利息が高過ぎると感じました。実際、カードローンを完済した後、過払い金の有無について無料相談を行った結果、やはり過払い金が発生しており、返還請求を行っています。確かに50万円程度のカードローンではあるものの、年利14.8%は高いです。毎月の返済で元本は確かに減るものの、利息の見直しは新生銀行側でも行うべき行為と考えます。契約や融資審査については、新生銀行と名乗っているものの消費者金融時代の名残が強く、メガバンクや地方銀行と比較し劣る点が見受けられます。それはやはり、利息の高いカードローンです。しかも、銀行と言いながら適用される法律は、貸金業法であり総量制限もあります。実際に利用して、過払い金請求も行いましたが銀行というより、利益追求型の一般企業としてしか認識できません。便利ではあるものの、実際に利用するのには問題点が多く、消費者側が注意しなければならないと考えます。やはり、有名銀行や地方銀行のカードローンを契約した方が安心できます。

30万円の融資枠で5年間利用したレイク借入!

男性
会社員
31歳
新生銀行カードローン『レイク』を契約したことがありますが、あまり多くの方にオススメ出来るカードローンではありません。契約方法については、インターネットや無人契約機で行え便利ですが将来的な問題が気になります。そもそも、新生銀行は、貸金業法で定められる貸金業者ではなく、銀行法で定められた大手銀行です。しかし、レイクという名前は過去に大手消費者金融であり、未だに当時のイメージが強く残っており、年配の方には『サラ金』と認識されています。また、近年では過払い金返還請求も多くなっています。そのため、過払い金返還請求により企業としての体力が削がれた消費者金融は多く存在し、倒産するケースもあります。レイクも同様に新生銀行に事業吸収される形を採りました。その上で、提供されるのが『新生銀行カードローン レイク』ですが、同銀行の『スマートカードローン』の比べ、明らかに金利が高いと感じました。実質的な金利が、スマートカードローンでは14.8%に対し、レイクは18%です。この点については、利息制限法の最大20%以下には収まるものの、他社カードローンに比べ明らかに高金利です。また、残高スライドリボルビング方式と元利定額リボルビング方式を採用していますが、利用した感じから後者はオススメしません。将来的に過払い金が発生する可能性が高く、毎月の返済で元本が減っているという感覚がありません。何故、同じ銀行で2つのブランドでカードローンを提供しているか不明であり、180日間無利息という謳い文句に誘われると意外な落とし穴があります。契約自体は、無人契約機で収入証明も不要となっているものの、契約自体は非常に注意が必要であると考えます。もし、利用するのであれば本当に一時的な利用に留め、あまり利用しないというのであれば手軽さはあります。しかし、常時利用すると毎月高い利息を払うこととなるのでしっかりと計画をしないとダメな商材だと認識します。実際に30万円の融資枠で5年間利用していたものの、毎月の利息が高く元本が減り難かったため、完済後に過払い金の有無を確認しところ、やはり無駄な利息がありました。返還請求で戻ったものの一部は、司法書士の報酬となったため、高い勉強代だったと考えています。