kosodatemoney

子供のためにしっかり教育を受けさせたいと願うのはどんな親も同じです。

大学まで教育を受けると一人あたり最低は1,000万円はかかる、という話を聞いたことはありませんか?

目眩がしてしまうような金額で準備できる自信がないと不安に思う方もいらっしゃるでしょう。

そこで教育費の準備についていくつかの方法をご紹介します。

子育てにかかるお金はいくら?

本当に子供一人を育てるのに1,000万円もかかるのでしょうか。まずは教育費として一般的にいくら位かかるのか確認してみましょう。

文部科学省が教育費に関しての調査結果を発表しています。

その調査によれば幼稚園の年少から高校3年までの15年間、すべて公立に通えば約523万円、すべて私立に通うと約1,770万円となっており、その差は実に3倍以上になります。

さらに大学へ進学した場合、国立だと約200万円、私立だと約480万円となっています。

公立に通うか私立に通うかで教育費がかなり違ってくることがわかります。

参照元:文部化学省 子供の学習費調査の結果

平成26年度の年額

幼稚園 公立 約22万円
私立 約50万円
小学校 公立 約32万円
私立   約153万円
中学校 公立 約48万円
私立   約134万円
高 校 公立 約41万円
私立   約100万円
大 学 公立 約50万円
私立   約120万円

大学の詳細の費用については日本学生支援機構の調査報告を参考にしてみてください。

参照元:独立行政法人日本学生支援機構 学生生活調査報告

公立と私立で教育費の額がかなり違う

さて子供一人の教育費に1,000万円かかるかどうかという話ですが、統計的にありえない話ではないということが分かっていただけたのではないでしょうか。

ただし一度に1,000万が必要ということではないのです。

教育費として最終的にそれくらいになるというだけです。計画的に準備していけば、お子さんにしっかり教育を受けさせてあげることができます。

お子さんのために、今からでも準備していきましょう。

教育費をどう貯める?

子供が生まれると同時に親としての責任が生じます。子育てにかかる諸々のお金や教育費が子供の成長とともにかかってきます。

「お金がないから」という経済的な理由から子供を産まないという選択をする夫婦が増えているほどです。

各世帯の年収に格差が広がっている世の中です。不安を感じる夫婦が多いのも仕方がないのかもしれません。といっても教育費がかかってくるのは生まれてすぐではありません。

5年後、10年後、15年後、とある程度期間をみこめるのであれば、資金の調達の仕方は色々あります。

教育費の資金調達方法

例えば次のような方法が考えられます。

  • 学資保険
  • 低解約返戻金型終身保険
  • 投資信託や株などの投資商品
  • 預貯金

学資保険は昔からの定番の方法です。入園、入学とお金がかかるタイミングでお祝い金という形で受け取ることができます(商品によってお祝い金のないタイプもあります)。

毎月無理のない金額でコツコツとできるので、貯金が苦手な方でも積み立てていくことが可能です。

最近では「低解約返戻金型終身保険」を学資保険の代わりに加入する方が増えています。これは利回りが学資保険よりもいいことが多いこと、また満期後、解約をしなければどんどん解約返戻金が増えていくということも魅力の一つです。

もし教育費として引き出す必要が無くなった場合、解約せずに置いておけば自分の資産にもなりますので、使い勝手のとてもいい商品です。

リスクが高くないのであれば投資信託や株などで運用するのもいいでしょう。

ただし「○年後に○○円になる」という保証がありませんので、教育費のためということならば、あくまでプラスαの手段として考えていただいた方がいいかと思われます。

もちろん、銀行の預貯金でコツコツと貯めていくのもいいでしょう。ただし現在、預貯金では金利が全くつきません。それでも何もしないよりはしていただきたいと思います。

このように資金が必要になるまでに時間がある場合、比較的安全に金利を付けた状態で資金を準備することが可能です。しかし間近になって教育費が必要になるということもありますね。

そういった場合はどうしたらいいのでしょうか。

教育費に足りないお金を補填する方法

教育費のために子供が小さいうちから預貯金や学資保険、投資商品などコツコツとしていれば問題はありません。

しかしそれだけでは足りないという場合、もしくは教育資金を貯めてこなかった場合、どうしたらいいのでしょうか。

教育費として急に資金が必要になったとき、カードローンでその資金を補填するという方法があります。もちろん利子が生じますので、どのカードローンを利用するかについてはよく吟味する必要があります。

まず最初におすすめしたいのは銀行カードローンです。

教育費に使える銀行カードローン

楽天銀行カードローン

rakuten-bank-card-loan
  • 実質年率1.9%~14.5%
  • 限度額最高800万円
  • 審査時間
  • スマホ
  • おまとめ
  • お試し
  • 土日祝
  • 無利息
  • 学生
  • 派遣
  • パート
  • バイト
  • スマホで申込完結できて簡単(必要書類はアプリですぐに提出可能)
  • 入会特典として楽天スーパーポイントが1,000ポイント付与
  • 利用残高に応じ、最大で楽天ポイント30,000ポイント付与
  • 入会費/年会費無料
  • 全国のATMでも利用が可能

※ 誰でも利用はできますが楽天ユーザーであればよりメリットのあるカードローンとなっています。

教育費に使える消費者金融

銀行カードローンよりは借入利率が高くなりますが、消費者金融のカードローンも選択肢の一つです。

SMBCモビットのカードローン

  • 実質年率 3.0%~18.0%
  • 限度額 800万円
  • 審査時間 10秒簡易審査
  • 即日融資
  • 安い金利
  • おまとめ
  • お試し
  • 土日祝
  • 主婦
  • 学生
  • 派遣
  • パート
  • バイト
  • ネットと電話で申込が可能。WEBで申込を完結させた場合はカードはなし
  • カードで全国の提携ATMから借入可能
  • スマホなどから手続きをし口座に直接振込という形でも借入可能
  • WEB完結なら電話連絡なしで借りれる

※ 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
※ 安定した収入がある方(主婦/バイト/パート/学生)

アコムのカードローン

acom
  • 実質年率3.0%~18.0%
  • 限度額800万円
  • 審査時間最短30分
  • 即日融資
  • 安い金利
  • おまとめ
  • お試し
  • 土日祝
  • 主婦
  • 学生
  • 派遣
  • パート
  • バイト
  • 申込したその日から借入が可能
  • 全国の店頭窓口、またはカードで全国の提携ATMから借入が可能
  • 楽天口座があれば振込での借入が可能
  • 初めての場合、契約から30日間は金利0円
  • SMBCモビットとアコムをおすすめする理由は利便性です。
  • カードが手元になくても振込手続きが可能なので、すぐに現金を用意することができます。
  • また全国に提携のATMがあるのでカードでの借入もしやすいです。

教育費は計画的な準備が大切!

教育費は子供がいれば必ず必要になります。

すぐに必要という場合にはカードローンもやむを得ませんが、金利が高いので可能ならば余裕をもって貯めていきましょう。

保険などの金融商品も紹介しましたが、その他にも自動引き落としできるような仕組みをつくることで、貯金が苦手という人でも貯めていけるはずです。

教育費として、1,000万円ときくと誰しも不安になることでしょう。

でもコツコツ貯めていけば不安になる必要などありません。それに、いざとなったらカードローンもあります。

とりあえず生活を圧迫しない程度の無理のない金額で教育費用の積立を始めてみましょう!まずはそれからです。