jutakuloan
住宅ローンとは、住宅購入の資金を捻出する、現実的な借り入れ方法の一つです。

契約を結ぶと、毎月の収入額から返済期間が導き出され、月々の返済が発生します。日常生活において、多くの買い物は現金払いですが、高額な買い物となれば分割払いが検討されます。

住宅の場合は特に、金額が桁違いで間違いなく高額になりますから、購入しやすいように住宅ローンが用意されています。

また銀行は、お金を借りることが出来ますし、無理のない返済計画が実現するので、住宅購入の際に必ずといって良い程検討が行われます。

住宅ローンを理解して契約には計画が重要

基礎を知りたい場合は、住宅ローンとは何かを理解すること、どのような活用がお得になるか、詳しく把握することが大切です。

住宅資金は、教育や老後の生活費と同じく、人生における重要な3大資金と呼ばれています。

これらに共通するのは、どれも無視することが出来ない資金であり、ローンを組むタイミングと計画に重要性があります。

例えば、20代前半の早めにローンを組もうとすると、収入を理由に銀行が貸し渋ったり、必要な資金が確保出来ない可能性が高まります。

一方、40代後半や50代に入ってからのローンは、逆に今後の返済能力が検討された結果、資金の上限が低くなる恐れに繋がるでしょう。

つまり、ローンの基礎知識としては、契約するタイミングを誤らないこと、そして無理のない条件を提示した上で、銀行等から資金提供を受けることが挙げられます。

住宅ローンはシミュレーションが大切

人生において、大きな出費が生するのは、決して住宅ローンだけには限られません。子供の数が増えれば教育費、親が高齢者になると介護、更には本人の老後にも資金が必要です。

住宅を購入したり、ローンを検討する場合は、今後将来的に発生する出費のシミュレーションを行い、ライフサイクルコストを想定してから、銀行に資金提供を求めることが重要です。

収入面もまた、資金の上限を左右する基礎的な条件の一つなので、現在の収入と将来性を考慮することが、現実的なローンを実現するコツです。

毎月の給与は、安定した収入源と見なされますから、返済可能な金額と能力が認められるでしょう。

しかしボーナスは、経済状況や勤め先の経営に影響されるので、返済能力を証明する為の、基礎的な収入には含めない方が無難です。

勿論、経営が安定している一流企業に勤めていたり、予めボーナスの支給額が決まっている場合は、必ずしもこの限りではありません。

住宅を購入したい、家を経てたいと思った後は、資金を捻出する方法を考える必要があります。

貯蓄は資金になりますが、将来に対する投資を始めとして、急な出費の対応にも必要となるので、無計画に手を付けないことが基本です。

両親や親戚に援助を求める、これも考えられる一つの選択肢ですが、経済的に余力がなかったり、そもそも提供の意思がなければ借りることが出来ないでしょう。

より確実に、無理なく借りて返済したい時は、住宅ローンが現実的な答えとなります。

住宅ローンのメリット

以前は、公的ローンからも積極的に借り入れることは出来ましたが、現在は民間のローンが主流になっています。

不動産会社が提供を行ったり、住宅メーカーが貸し付けを始める等、借り入れ方に多様性が現れているといえます。
ただ、やはり従来から存在している実績と、高額な借り入れが実現する二つの点においては、借り入れ先として銀行が圧倒的に優位です。

銀行は一般的に、安い金利で融資を行うことが少なくないので、住宅ローンの基礎的な借り入れ先と考えられています。

当然ながら、契約の結びやすさは別問題ですが、ローンが組めれば便利になる、といった点がメリットなのは間違いありません。

保険の加入手数料負担が免除されたり、軽減される場合もあるので、その点も住宅を検討する際の魅力になるでしょう。

住宅ローンのデメリット

一方のデメリットは、書類を前提とした審査が厳しく、収入が安定していても返済に不安要素があればローンが認められない、という恐れにあります。

仮に審査が通っても、貸し付け金額が下がることもあるので、借りられればとても便利、反対に希望額が借りられなければ、ハードルは非常に高いと見なすことが出来ます。

ローンを扱う金融機関として、基礎的に融資を得意としていますから、提示される条件を満たせば借り入れることが可能です。

住宅ローンの注意点とポイント

最近は、インターネットのみで審査や契約が完結する、ネット専用のサービスも登場しています。

対面する機会がなく、来店することも不要なので、忙しい人達から選ばれる傾向があります。

ところが、審査は書類が中心で、しかも担当者と直接やり取りをする機会がありませんから、審査は通常よりも厳し目になっています。

他の金融機関は、相対的に審査は通りやすい傾向ですが、金利が高めに設定されているので、返済期間が延びたり、月々の負担が増加するデメリットがあります。

住宅の購入金額にもよりますが、返済には数十年の期間が必要ですから、借り入れ先の比較を行い、借りやすく確実な完済計画を実現出来ることが、ローンの選択におけるポイントです。