gaikokujin

日本在住の外国人が年々増える中、最近では外国人によるキャッシングサービスの利用も増えています。

外国人が日本のキャッシングサービスを利用する時の条件や必要な書類、借りられない場合の事例などについて紹介します。

外国人でも永住権がなくてもお金を借りれる!

一般的にカードローンを利用する際に、必要になるといわれるは特別永住者証明です。

これは、長期にわたって日本に在留している外国人のうち、総合的な条件を満たす人のみが所持できる証明書となっています。

必然性の認められる外国人にしか交付されません。

ただし、カードローンを利用する際に優先されるのは、この永住者証明を所持しているかどうかではなく、融資可能な条件を満たしているかどうかであるため、総合的に融資可能な利用者であると認められた場合には、永住者証明を持っていなくてもカードローンを利用することが可能となっています。

カードローンを借りれるかは永住権があるかないかで変わる

日本に住んでいる人の多くが持っているのが「在留カード」ですが、特別永住者証明を持っていなくても、この在留カードの提示でお金を借りることは可能です。

特別永住者証明書を、もっていない場合に利用できるのが消費者金融カードローンです。

銀行カードローンは消費者金融のカードローンよりも審査が厳しく設定されており、永住者証明をもっていないと審査通過は厳しいというのが現状です。

 永住者記載のあるもの

永住権なし!ローン審査通過できるかチェック

永住者証明を、持っていない場合でもカードローンの審査を通過するポイントとしては、次のようなものがあります。

安定した収入があるか重要

カードローンでお金を借りるときの基本としては、安定した収入があることが条件となっていることがあげられますが、正社員・非正社員に関しては問われません。

それに、ほとんどの場合アルバイトも可能ですが、ただしお金を借りる際には、ある程度の勤続年数があることが条件となります。

借りる金額と収入の関係

カードローンの種類としては大きく分けて2つの種類があります。

  • 消費者金融カードローン
  • 銀行カードローン

この2つのうち、借り入れで「永住者証明」が必須となるのが銀行カードローンです。

必須項目は消費者金融カードローンより厳しく設定されていますが、銀行カードローンでは借り入れ上限が制限されずに融資を受けることができるというメリットがあります。

借り入れを収入の1/3までに制限する規制を総量規制と言います。この規制は消費者金融による貸し付けに対して設けられているものです。

外国人が50万を借りる場合

この総量規制を基に考えると、「50万円を借りたい」+「永住者証明を持っている人」の場合には、銀行カードローン・消費者金融カードローンの両方の利用が可能でなおかつ最低収入が問われないのに対し、「永住者証明」を持っていない場合は利用できるのが消費者金融のみ、なおかつ最低年収が150万以上あるということが条件になります。

逆に言うと年収が150万以上ある人の場合にはその1/3、つまり50万円までなら自由に消費者金融で借り入れができる、ということになります。

日本国内に住んでいる期間

審査時には、日本国内の同じ場所にどれくらい継続して居住しているか、も判断基準のひとつとなります。

これは、同じマンションやアパートに住み続けていること=安定して家賃を払うことができている。

金銭的に安定した生活を継続している!という事を意味するためです。

また、お金の借り入れをする際にチェックされる項目の一つとして、「返済のための期間が十分に確保されるかどうか」というものもあります。

借りたお金を返し終わるまでの時間が、十分にあると証明されない場合には審査通過が難しくなるので、まずは持っている証明書の種類や期限をチェックすることが必要です。

審査通過不可・または通過が厳しい証明書としては次のようなものがあります。

更新日まで日数の少ない永住者証明や在留カード

短期滞在ビザ

有効期間が短く設定されている在留カード(資格の種類が日本人配偶者等・留学などの場合もふくむ)

証明書以外でNGになる事例

提出する証明書が条件を満たすものであっても、他の項目に問題があって審査落ちするという場合もあります。

審査落ちの原因になる可能性のある項目として挙げられることがコチラ

他の消費者金融ですでにお金を借りている

勤続年数が短い

日本語能力が足りていない(借入・返済の仕組みを理解できない)

職場への電話連絡ができるか

手続きの際には貸付業者から勤務先(アルバイト先)への在籍確認(「○○さんはいらっしゃいますか?」といった文言での電話)が行われるので、自分の勤務先に「自分が在籍者として認識されている」必要があります。

契約を理解して手続きを行える語学力

申込ページでは日本語で記載される内容に沿って申込をする必要があるため、すべての内容を理解し、日本語で入力できるということが条件になります。

申し込み時には日本語能力を確認する目的での電話などはありませんが、「在留資格の種類」や「氏名の記入方法(略す場合)」などに関してコールセンターから確認の電話がかかってくる場合があるため、あらかじめそういった項目について本人が電話口で答えられるようにしておく必要はあります。

外国人もすぐに借りれるカードローンをCheck!
今すぐお金を借りれる所!個人で借りるカードローン

外国人がカードローンへ申込む方法

カードローンを申し込みをする方法としては…2通りあります。

  • 街中に設置されている「ローン契約コーナー」で申し込む
  • それぞれの公式サイトからWEBで申し込む

「カードローン契約コーナー」はその場でカード発行をできるというメリットがありますが、日本語能力が求められる外国人の場合は申し込み時のタッチパネル操作が難しい場合が多いため、HPからの申し込みのほうが確実でしょう。

日本人の配偶者やパートナーに付き添ってもらう場合には契約コーナー利用でも可能です。

カードローン申込で外国人が用意する書類

お金を借りるときには本人を証明するための身分証明書が必要となる証明書は下のいずれかのものです。

保険証

パスポート

運転免許証

これに加えて、外国人である場合に必要になるのが次のいずれかの証明書です。

OK書類

eijushomeisho

NG書類

zairyu

特別永住者証明書

在留カード(永住者の記載があるもの)

このように、外国人の方がお金を借りる時に必要とされる証明書が決まっているので、申し込みをされる前に必ず証明書の内容を確認してから用意してください。

外国人が永住権なしで借りる方法まとめ

  • 外国人が永住証明なしで借りられるカードローンは消費者金融
  • 最低限の日本語能力は必要
  • 居住年数や勤続年数が審査の判断基準となる
  • 職場への電話連絡では自分の在籍が確認される
手軽にネット申込で借りれる銀行カードローンをCheck!
ネット銀行のネットローン!来店不要で借りれるカードローン比較