creditloan

カードローンやキャッシングといえば銀行や消費者金融などが提供していますが、カードローン会社によって商品内容や仕組みが若干違っていますので、契約する前にどのような違いがあるのかしっかり把握しておく必要があります。

では、銀行や消費者金融とは違う信販系カードローンは、どのような違いがあるのか特徴とメリット・デメリットを確認して、申込を行う前の参考にしてください。

信販系カードローンの特徴

クレジットカードのキャッシングでも、カードローンでも、提供元が銀行である場合と、それ以外の信販会社や消費者金融の場合で規制している法律が変わってきます。

銀行が提供しているカードの場合は総量規制の対象外ですが、それ以外の金融機関では総量規制がかかってくるのです。総量規制とは年収の3分の1以上の貸し出しを禁止する法律です。

これは単独の会社からではなく、規制対象となっている会社の合計金額で計算されます。

例えば年収300万円の人が規制対象の会社から借りることができる金額は100万円です。規制されていても利用方法によっては年収の3分の1を超えてしまうことがあります。

先ほどの例の場合、A社の限度額が50万円で20万円利用しており、B社を新たに契約しようとします。

この場合他社が判断する金額はA社の限度額ではなく現在の利用金額となっているため、最大で80万円の限度額を設定しまうことがあります。

B社と80万円の契約をした上で限度額ギリギリまで借り、A社の残りの30万円を後から借りた場合、規制対象の会社の合計借入額が130万円となってしまうのです。

もし規制限度額を超えた利用が発覚すると、カードが停止になることがあるため十分注意が必要です。

信販系カードローンのデメリット

実はカードローンやクレジットカードの提供元は、一定期間ごとに利用者の借り入れ状況などの信用情報を確認しています。

これを「途上与信」と言います。途上与信によって総量規制を超えた利用が確認されると、カードが停止になってしまうのです。

銀行系のカードの場合も途上与信は行っていますが、法律によって貸出上限が設定されているわけではありませんので、カードが停止になることはありません。

また、この限度額にショッピング利用枠は含まれません。キャッシングを利用している場合のキャッシング枠のみ適用されます。現在の利用状況を把握しながら使わないといけないのが、信販系カードローンのデメリットでしょう。

返済をして規制額を下回れば再び使えるようになりますが、次の途上与信まではカードは停止されたままです。すぐに使いたい場合はコールセンターに連絡して解除してもらわなくてはなりません。

信販系カードローンのメリット

信販系ローンにもメリットはあります。銀行のローンと比較すると積極的に融資を行っているという点です。

クレジットカードの場合はショッピング枠もありますので、カード決済ができるのであればショッピング枠を利用すれば総量規制は関係ありません。

多くの会社がショッピング枠に対してはポイント制度を導入しています。キャッシングやローンでポイントが貯まるような会社はあまりありませんので、ショッピング枠は上手に利用しましょう。

リボ払いにしなければ手数料も発生しないため、利用した金額のみの支払いで済みます。

会社によってはショッピング枠の中にキャッシング枠を設けている場合と、それぞれ独立している場合があります。

独立している場合は特に気にする必要はありませんが、ショッピング枠の一部として付与されている場合は、ショッピングのしすぎでお金が借りられなくなることもありますので、限度額には注意しておきましょう。

リボ払いの残高が減らない!損をしている利息を減らす方法

信販系カードローンの返済方法

借りたお金を返済する場合、最初は一括払いを選択しておいたほうが良いでしょう。

なぜなら一括払いを後からリボにすることは可能ですが、リボ払いだったものを一括払いに変更することはできないためです。一括で返すためにはATMから支払いを行わなくてはなりません。

信販会社によっては自社のATMを所有しているところがあり、利用手数料は無料となっています。ATMの台数も比較的多いため、利用場所には困らないでしょう。

コンビニATMの場合は会社によっては手数料がかかることがあります。ATM手数料の安さで判断すれば銀行のローンのほうがメリットが大きいのですが、設置台数が多い分、同じ総量規制対象の消費者金融と比較すれば信販会社のローンのほうが手数料を安く利用できるところが多くあります。

支払いを引き落としではなく振り込みにしている人の場合は、利用場所が多いか少ないかで利便性が大きく変わってきます。

手数料の金額もばかにはできませんので、自宅の近くに無料で利用できるATMはないか調べておくのも良いでしょう。

実は銀行ATMと比較すると信販会社のATMのほうが遅くまで利用できるところが多いところもあります。設置場所にもよりますので、遅い時間帯に利用する場合はあらかじめ確認しておくと良いでしょう。

クレジットカードと一体型になっているものの場合は、ゴールドカードなどの上位のカードになると、契約条件が有利になるものも多数存在します。

もしカードを切り替えることができるのであれば、積極的に検討するのも良いでしょう。

信販系以外でおすすめのカードローン

SMBCモビット カードローン

  • 実質年率 3.0%~18.0%
  • 限度額 800万円
  • 審査時間 10秒簡易審査
  • 即日融資
  • 安い金利
  • おまとめ
  • お試し
  • 土日祝
  • 主婦
  • 学生
  • 派遣
  • パート
  • バイト

※ 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
※ 安定した収入がある方(主婦/バイト/パート/学生)。