credithikaku

クレジットカードの最大の特徴は、カード1枚で支払いができるということ。クレジットカードの主なメリットとしては次のようなものがあります。

  • ネット通販での決済が手軽。(決済手数料が安い / 無料)
  • 海外でのショッピングも簡単。
  • おつりで財布が重くなることもなく、レジでの支払いが楽。
  • 高額な商品はレジで分割払いにできる。
  • 現金を持ち合わせていなくても〝後払い〟で買い物ができる。
  • ポイントを色々なアイテムに交換できる楽しみがある。
  • カードを持っていることでローンなどを組みやすくなることもある。

クレジットカードの種類って?

VISA / Mastercard / JCB / アメリカンエクスプレス / ダイナースクラブ はクレジットの中でも最も大きいブランド。

それぞれ加盟店が世界中にあり、それらの店舗で対応可能なクレジットカードを使えば国内外やインターネットでもショッピングを楽しむことが可能になるという仕組みですね。(ただしJCBは国内のみ)これらのクレジットブランドの中で最大のシェア率を誇るのがVISA。

クレジットでの支払いに対応している世界の店舗の半数以上がVISAの加盟店であることを考えると、利便性ではVISAがトップと言っていいでしょう。

また、これらのブランドは流通系 / 銀行系 / 航空系 / 信販系 / 車系 …などさまざまな企業とタイアップしてカードを発行しており、そのジャンルによって受けられる特典が異なります。

よく利用する施設やサービスの特典が多いカードを選ぶとお得ってことですね!

銀行系クレジットの特徴は?

その中でも銀行などの金融機関から発行されているものが銀行系クレジット。

銀行系のクレジットはキャッシュカードと一体型になったものが多く、預金の入出金とショッピングを1枚のカードでできるのが特徴です。

銀行系クレジットカードのメリット

【ATM手数料0円 / 預金金利アップなど】

銀行系のクレジットはその銀行のATM手数料が無料になったり、預金金利がアップするなどの特典や、たまったポイントを預金口座に直接キャッシュバックすることができるなどの、銀行ならではのメリットがあります。

【ローンなどが組みやすくなる】

通常、住宅ローンなどを組む場合には審査があり、一定の条件に達していない場合にはローンが組めず商品を購入できないということも少なくありません。しかし自分のメインバンクで一定の条件(最低年収をクリアしているなど)を満たし獲得できる銀行クレジットを利用している場合にはローンが組みやすくなることもあります。

銀行系クレジットカード デメリット

【ポイント還元率が低い】

流通系のクレジットカードなどの場合には、1000円に対して2円程度のポイントがついてくることがほとんどですが、銀行系クレジットの場合にはほとんどが1000円につき1ポイント(5円)程度と還元率が他のクレジットカードにくらべて低めに設定されている点が少々残念なポイント。

【紛失時は2枚のカードをなくすことに】

銀行系クレジットカードはキャッシュカードと一体化していることがメリットですが、紛失してしまった場合にはATMの利用ができなくなってしまうというディメリットがあります。キャッシュカードは一度紛失するとカードを再発行するのに数週間かかるので、その間は銀行の窓口でお金の出し入れをしなければならなくなります。

クレジットカードの支払いで困ったときはこちら リボ払いの悩み解決!

銀行系クレジットカード 人気5社

クレジットカードは月々の利用金額に応じて シルバー / ゴールデン / プラチナ..といった具合に格付けされているものもありますが、今回は最も標準的なカードで比較してみました。

rakutencard楽天市場での買い物が多い人にオススメできるのが楽天カード。

楽天市場以外でのお買い物の場合には100円で楽天ポイント1ptがもらえますが、楽天スーパーポイント加盟店のショッピングで利用した場合には100円で最大3ptゲットできるというもの。

ゲットした楽天ポイントは楽天市場をはじめ、楽天トラベルや楽天ブックスなどかなりたくさんのジャンルで利用することができるところがよいですね。

mufgcard〝三菱UFJ銀行-VISA〟はシンプルなクレジット機能のみのカード。

年会費は無料でクレジットを利用すれば提携ATMでの手数料が無料になるというサービスがあります。

メインバンクがUFJで、ATMをよく利用するという人は持っておいて損はないでしょう。

aeoncardイオン銀行はショッピングモールでおなじみのAEON(株)が運営している銀行。

イオン銀行を利用するメリットは、イオン銀行のATMはもちろん、三菱UFJ銀行行やみずほ銀行など主要な銀行のATMも365日24時間、手数料無料で入出金できること。

イオン銀行のクレジット(イオンカードセレクト)を利用することでお得に溜まるのがWAONポイント。イオン銀行口座×イオンのクレジットカード(イオンカードセレクト)を組み合わせると通常0.02%の預金金利が0.12%になります。

イオン系列の店を利用することでWAONポイントが2倍になるショッピングチャンスなども多いので、WAONと提携している店を利用することが多い人はお得に使えそうですね。

smbccard〝三井住友VISAカード〟のCMでお馴染みのカードですね。

標準的なカードは〝クラシック〟タイプ。カード特徴が iD(電子マネー)対応/顔写真が入れられる というところ。

年会費は条件付き(〝マイ ・ ペイすリボ〟登録+年1回以上のカード利用)で無料になるので、年会費をなるべく抑えたい人にもオススメです。

ポイント還元率は1000円につき1ポイントで、たまったポイントはANAや楽天などのポイントに換えられるほか、商品券への交換や現金キャッシュバックも可能となっています。

resonacardりそな銀行のスタンダードタイプのクレジット、VISAクラシックカードは年会費が1,250円になります。

無料のクレジットとことなるのは、海外旅行損害保険やお買い物安心保険がついてくること。飛行機を利用する事が多いという人はその都度旅行保険に入る必要がないので重宝しそうです。

また通常ポイントは1000円で1ptの還元率ですが、りそなpointダッシュのサイトを経由してショッピングするとポイント還元が最大19倍になります。

銀行系クレジットカード別比較表

カード名 三菱
UFJ
VISA
イオン
カード
セレクト
楽天
カード
三井住友
VISA
クラシック
カード
りそな銀行
VISA
クラシック
カード
カード
特徴
ICチップ ICチップ ICチップ ICチップ
顔写真
iD利用可
ICチップ
年会費 無料 無料 無料 無料
(条件付き)
1,250円
(初年度無料)
ポイント
還元率
1000円/1pt
(1pt=5円相当)
200円/
1waonpt
(1waon pt
=1円相当)
100円/
楽天1pt
(楽天ポイント
1pt=1円)
1000円/1pt
(1pt=5円相当)
1000円/1pt
(1pt=0.7円程度)
ポイント交換
対象
楽天
Amazon
Yahoo
DHC
高島屋
etc…
waon
ポイント
楽天
ポイント
楽天Edy
ANA
ANA
楽天
ヨドバシ
キャッシュバック
商品券
景品
etc…
ANA
グルメ
景品
Suica
PiTaPa
キャッシュバック
スタバ
etc…
追加
可能
項目
ETC
プラスEX
 - ETC ETC
PiTaPa
WAON
家族カード
ETC
(500円)
家族カード
(400円)
取扱
カード
ローン
三菱UFJ銀行カードローン イオン銀行カードローン 楽天銀行カードローン 三井住友銀行カードローン りそな銀行カードローン

まとめ

クレジットカードを選ぶ時には、ポイントの還元率(たまりやすさ)と、ポイントが使用できる施設やサービスの利用頻度、付加価値として加えられている特典(ATM無料 / 金利アップなど)を活用する機会が多いかどうかといった点を見るのがポイントですね。