credit-information 銀行カードローンや消費者金融での借り入れ申し込み、増額申請をする際や更新審査をする時に、金融機関側では審査を行います。

クレジットカードを作成や限度額の増額、更新や途上与信、物品の分割購入契約をする際にも同様に必要となります。 審査の中で重要な位置を占めるのが、申込者や名義人の個人情報を信用情報機関に照会して、お金を貸したりショッピング用に立て替え払いするのに、信用できる人物かどうか見極めることです。

記載されている情報があまりにも悪いと申し込みを断られたり、利用を停止させられたりすることもありますし、申し込みは受け付けても当初は低い額を設定して、様子を見ることもあります。

審査に通す基準はまちまちで、金融機関によって判断が違います。

しかし、決して基準が甘いというわけではなく、2、3ヶ月以上の延滞をしていることが明らかだったり、債務整理をしていたり、常に遅れて支払っていたり、他社からの借入額が多かったり、多重申込をしていたりなど、信用情報機関の個人情報を閲覧して、金銭的にルーズであるとか、お金に困っていることなどが容易に推測できる場合には、本審査に進む前に断られる可能性が高くなります。

一般的に、銀行カードローンよりも消費者金融の方が審査が甘いということが喧伝されていますが、いずれの金融機関でもトラブルを起こしていれば申し込みが成功することはありませんので、過信し過ぎないようにしましょう。

信用情報機関は3種類ある!

全国銀行個人信用情報センター(KSC)

zenginkyo

都市銀行 / 地方銀行 / ネット銀行 / 信用金庫

銀行や信用金庫、協同組合などの預金業務を行っている金融機関が加盟している機関です。

銀行カードローンや銀行系のクレジットカードなどを申し込んで利用する際に登録されます。延滞や債務整理の情報は、解決してから5年間記載され、多重申込をしている場合は6ヶ月ほどになります。

気をつけなくてはいけないのが、個人再生や自己破産で官報に載せられている場合です。

全国銀行個人信用情報センターの場合は、官報情報を集めていることがあり、決定した日から10年は記載されることになりますので、銀行カードローン等の利用を考えている場合には注意が必要です。

公式サイト>> 全国銀行個人信用情報センター

株式会社シーアイシー(CIC)

cic

クレジットカード / その他ローン / スマートフォンの分割払い

公式サイト>> 株式会社シーアイシー

日本信用情報機構(JICC)

jicc

信販会社 / 消費者金融

公式サイト>> 日本信用情報機構

株式会社シーアイシーは、クレジット会社と信販会社、銀行系の消費者金融が加盟していることが多くあります。

日本信用情報機構は、消費者金融と信販会社が加盟していることが多いです。

申し込みをした方の情報を載せていて、全国銀行個人信用情報センターと同様に、延滞や債務整理の情報は5年間、多重申込の情報は6ヶ月載せています。

ただし、官報の情報は記載していないので、比較的短期間で情報が消去されます。

クレジットカードを作成する場合は、銀行関連ではないカードのが早く申し込みやすいと言われるのは、株式会社シーアイシーと日本信用情報機構のみを閲覧しているカード会社が多いからと言われています。

とはいえ、相互の信用情報機関を利用して、金融でのトラブルのみ閲覧できるシステムもありますので、あまり過度な期待はしないほうがいいでしょう。

支払い遅れもなく、まして延滞などのトラブルがない場合は、信用情報機関に良好な返済歴が載せられるため、今後の申し込みにプラスになることが多く、属性が多少低くても審査に通る可能性は高くなります。

どうしても、思い当たることがないのに、申し込みが通らない場合には、有料ではありますが、信用情報を開示して内容を確認することができます。

窓口まで手続きに行けない場合は、郵送等で申し込むことも可能です。 特に株式会社シーアイシーでは、カード決済ができる状況であれば、サイトからでも開示を請求することができます。

全国銀行個人信用情報センターと日本信用情報機構の手続き

全国銀行個人信用情報センターと日本信用情報機構では、郵便局で定額小為替の手続きをして開示手数料を支払い、開示情報を郵送してもらえます。

原則として金融機関以外に、開示を依頼できるのは、申込者本人のみとなります。 本人以外が開示請求する場合には、法定代理人が手続きをするか、申込者の委任状を提示する必要があります。

情報開示をして見に覚えのないトラブルの情報が記載されていた場合には、相手先のカード会社や金融機関に抗議をし、すみやかに正すように請求できます。

あってはならないことですが、極まれに同姓同名で生年月日が一緒の方がいた場合に、間違えて記載してしまうミスもあります。

料金がかかってしまいますが、後で再確認するといいでしょう。 また、銀行カードローンや消費者金融、クレジットカードの利用以外に、携帯電話の機種の分割契約も信用情報機関に記録されます。他社乗り換えなどで、支払い忘れをするケースもあり、未払い分があった場合にも記載されることになります。

なお、解決しないままになっている場合は、延々と載せられることになり、今後一切カード会社や消費者金融や銀行カードローンなどの契約もできなくなるので、早めに解決をしなくてはいけません。

新たな金融関連の契約ができるようになるまで、5年は待たないといけません。