ionginkocardloan
  • 実質年率 3.8%~13.8%
  • 限度額 800万円
  • 審査時間 即日回答
  • お試し
  • 土日祝
  • 派遣
  • パート
  • バイト
申込条件 満20歳以上65歳未満の方
パート・アルバイト・自営業
融資スピード 最短当日
担保・保証人 不要
保証会社 イオンクレジットサービス(株)
オリックス・クレジット(株)
月々の返済 3,000円から
ATM手数料 0円

イオン銀行カードローンの使いみちは自由

イオン銀行カードローンとは、イオン銀行が運用しているカードローンで、審査で決まった限度額以内なら必要な金額を何度でも借入れをすることができるタイプのローンです。

融資された資金の使途は原則自由ですので、旅行やレジャー、家具や家電の購入にエステや美容整形などの自分磨きに借り入れるにもおすすめです。

また、お子さんの教育のための資金や留学資金、結婚式、レジャー、お引越しなど、生活のあらゆるシーンで利用できます。申込み方法はインターネットのほかイオン銀行の店舗でも申し込みをすることが可能です。

インターネットから申込みの場合は、午後2時までの申し込みであれば、原則当日中に審査結果について回答してもらえます。

イオン銀行カードローンの利用条件

日本国内に居住されている方で、外国籍の場合には永住権許可を受けている方が対象です。

契約時の年齢が満20歳以上で満65歳未満の方

ご本人に安定かつ継続した収入の見込める方

所定の保証会社の保証を受けられる方

パート・アルバイト、自営業者の場合でも、申込みをすることはできますが、学生の場合は申し込みをすることはできません。

インターネットからの申し込み方法

イオン銀行の公式HPにある【カードローン 各種ローン】のタブをクリックします。

【イオン銀行カードローン】の紹介ページに進みますので、【カードローン お申込み】ボタンをクリックします。

「同意事項(個人情報利用同意・カードローン規定・保証委託約款)」のページで同意するを押して次に進み、【カードローンのお申し込みフォーム】が開きますので、お名前や性別、生年月日、住所、電話番号などの必要事項を入力します。

勤務先や現在の借り入れの状況などをすべて入力したら、最後に暗証番号を任意の数字4桁を入力します。

運転免許証などの身分証明書などを提出する方法を、画像のアップローで行うか、郵送するかを選択し、アップロードする場合には、次のページで指示に従って操作のうえ、アップしてください。

すべての入力が完了すれば、送信ボタンを押します。

希望の極度額が300万円未満の場合には、運転免許証や運転経歴書、健康保険証、またはパスポートなどの本人確認書類のみで申込むことができます。

イオン銀行カードローンの金利

金利は実質年率3.8%~13.8%で貸越限度額により異なります。

たとえば、貸越限度額が30~90万円までの場合の金利は、13.8%で、100万円と200万円の場合の金利は年8.8%です。

また、貸越限度額300万円の金利は7.8%、貸越限度額400~600万円では年4.8%、700~800万円では年3.8%で、最大800までの借り入れが可能です。

カードローンの在籍確認

安定した収入があれば、イオン銀行カードローンの申し込みをすることができます。

もちろん、パートやアルバイト、派遣社員や契約社員の方でも申し込みをすることができます。

申し込み審査に際しては、通常、勤務先への在籍確認が必要となります。在籍確認とは、申込者本人が申し込みの際に記載した勤務先に在籍しているかどうかを確認することで、ローン申し込みの書類の記入に間違いがないか、あるいは、書類自体に不備はないかなどについて本人に確認を行うもので、かつ、相手が信用できる人間であるかを判断するために行事務的な確認事項です。

その会社に働いていることをあらためて確認することで、金銭状況や支払い能力なども明確になります。

一般的には、銀行の担当者から勤務先に電話が掛かってきて、「〇〇さんはいらっしゃいますか?」と尋ねて、「〇〇は只今、席を外しております」、あるいは「〇〇でしょうか。少々お待ちください」、「〇〇は本日はお休みです」などの回答があれば、それで確認は終了となります。

どんな回答であっても、本人が在籍していることが分かればOKなのです。

担当者の個人名で掛かってくるケースが多いので、銀行や社費者金融などの企業名を名乗ることはありません。そのため、会社の人に何か言われるというような心配も一切ありません。

イオン銀行カードローンの在席確認

イオン銀行のカードローンを申し込んだ場合の在籍確認はどのように行われるのかというと、やはり同じように勤務先への電話が掛かってきて、本人が自責しているかどうかの確認を行います。

審査の申し込みが土・日・祝日や終業時間間際などで、在席確認が取れない場合には、審査結果の回答が遅れる場合がありますので、急いで結果を知りたいという場合には、平日の午前中に申し込みを行う方が良いでしょう。

電話を受けた社員の方や事務職さんが何かを聞いたとしても、絶対にプライバシーを侵害するようなことは話しませんので安心しましょう。

ただし、借り入れをしたお金をきちんと返済しなかったり、返済が遅れる場合には自宅に電話が掛かってきたり、郵便で督促が届く場合もあります。

家族に干渉されたくないという場合には、借りたお金は毎月きちんと返済をするようにしましょう。

審査結果と借入方法

aeonatm申し込みが完了したら、後ほど、イオン銀行から審査結果の連絡がありますので、店頭での手続きの場合であれば、5日前後でカードを受け取ることができます。

郵送での手続きの場合には、約10日前後でカードが郵送されてきます。

カードを受け取ったら、その後は、パソコンやスマートフォン、タブレット、携帯電話などからインターネット経由で24時間いつでも自由に借り入れをすることができます。

カードローン口座から普通預金口座への振替絵をする場合には、『イオン銀行ダイレクト』にログインした後、上部のメニューからカードローン・目的別ローンを選択し、【申込・返済】を選択のうえ、画面の案内に従って操作をしてください。

また、他行への振り込みの場合には、イオン銀行ダイレクトにログイン後、上部のメニューから振込を選択のうえ画面の案内に従って操作します。

イオンのモバイルバンキングを利用して、カードローン口座から普通預金口座への振替えをすることも可能です。

カードローンカードを利用して借り入れをする場合には、イオンの銀行ATMで『カードローン』または『引出し』を選択し、画面の案内従って取引をします。

ただし、ATMでは1日当たりの利用限度額は50万円までとなりますので、その点は注意が必要です。

イオン銀行カードローンの返済について

返済日は毎月7日となっており、毎月の返済日前日の貸越残高に応じて、返済用の普通預金口座からの自動引き落としとなります。

月々の返済額

月々の返済額は、返済日前日の利用残高が3千円から10万円未満の場合の返済額は、わずか3千円からとなっていますので、生活を圧迫することなく無理のない範囲での返済が可能です。

返済方法

返済方法は『イオン銀行ダイレクト』のほかに、普通預金口座からカードローン口座への振替えやモバイルバンキング、振り込みなど、さまざまな返済方法が用意されていますので、ご自身の都合の良い方法で返済をすることが可能です。

このように、カードローンの申し込みをされる場合には借りる際のスペックだけでなく、返済が便利であることも大きなポイントとなります。