カードローンとは個人を対象にした無担保・無保証扱いの資金使途自由の消費性ローンのことを言います。

さらにカードローンは「極度額貸付方式」を取っており、金融機関が認めた利用限度内で繰り返し借入できます。

カードローン発行先には銀行・消費者金融・信販・クレジット会社などがありますが、銀行で発行されるカードローンは、一般的に提携している保証会社が審査を管理しており、保証会社が審査の認可・保証をすることで、さらに銀行の審査・承認を経て利用できるようになっています。

個人で借りる銀行カードローン審査と特徴

銀行カードローンの特徴のひとつは融資可能額が消費者金融や信販・クレジット会社のそれと比べると大きいということです。

大雑把に言って最大500万円から1,000万円まで作れます。

消費者金融のカードローンや信販・クレジット会社のショッピングカード枠に付随するキャッシング枠には、「総量規制」という融資額を申込者の所得から制限する法律があり勝手に融資できないのですが、銀行にはこの法律は適用されないので独自判断で融資額を決められるのです。

所得の制限がないため、銀行はカードローンの枠も大きくできて、利用者はその枠を普通のキャッシング以外に他社の借入を一本化して返済や管理を楽にする「おまとめ」などに使えます。

また消費者金融では「所得がないこと」を理由にカードローンの受付ができない無職の専業主婦(主夫)でも銀行は受付できます。

これは銀行カードローンを申込する上での大きなメリットです。

ただしいくら利用極度額が大きくできるといっても融資ですから、実際の融資額は申込者の所得に制限されてきます。

目安としては申込者の年収の3分の1位までが無理なく返済が可能な範囲と理解してください。

銀行カードローン審査の重要なポイント

  • 年収
    利用極度額の算定基準になります、当然高いほうが有利
  • 居住形態
    持家が賃貸より評価が高い
  • 勤続年数
    できるだけ長く勤めているほうが有利、1年未満は逆に不利
  • 雇用形態
    パート・アルバイト・派遣社員等より正社員が有利
  • 電話
    固定電話が携帯より有利、固定電話は居住が安定している証拠にもなる
  • 他社 借入件数・借入総額
    当然少ないほど有利
  • 個人信用情報
    公共料金・クレジット代・他のローンの支払延滞や滞納があれば厳しい・過去に債務整理や破産の事実があれば発生時期にもよるがかなり不利になる

銀行カードローンの金利は安い!?

銀行カードローンのもうひとつの特徴は相対的に金利が安いということです。

具体的に言うと消費者金融等では平均年3.0%~18.0%となっていますが、銀行の場合年1.9%~15.0%と上限下限とも低くなっています。

この点は大きなメリットで、金利が安い分、カードローンを借りている間の金利を含む総支払額は少なくて済むのです。

一般的に利用極度額が大きくなると金利が低くなる傾向がありますが、実際に申込者に適用される金利の水準には、それ以外に申込者の信用状況にも左右されるので一律に何%と決めることはできません。

またそれ以外に銀行の場合は、申込者の預金や給与振込などの取引状況に応じて優遇金利を適用する場合があります。

融資額によっては所得を証明できる書類が必要

消費者金融業等の融資を法律で制限している「総量規制」では、申込人が年収の3分の1を超える融資が借れないようになっています。

同時にひとつの金融機関で50万円を超えるか、複数の金融機関で100万円を超える融資の申込をする場合、必ず申込人が金融機関に所得を証明する書類を出さなければならないようになっています。

ところがこの総量規制が適用されない銀行では、申込金額に関係なく独自に所得証明書を出させる基準を決められるので、最近はその所得証明書を不要とする基準がどんどん上がっているのです。

実際、申込額100万円~500万円位まで「収入証明書不要」としている銀行がたくさん出てきています。

以下の銀行が収入証明書不要で利用できるカードローンの利用額になります。

銀行カードローン 収入証明書不要利用額
 スルガ銀行カードローン リザーブドプラン  500万円
 住信SBIネット銀行 MR.カードローン  300万円
 イオン銀行カードローンBIG  300万円
 りそな銀行りそなプレミアムカードローン  300万円
 みずほ銀行カードローン  200万円

この取扱いのメリットは本人確認書類のみでカードローンの審査が簡単に受けられることです。

さらにWEB完結と呼ばれるネットを活用した申込みではさらに審査のスピードを速めることができるため、銀行でも「即日審査・即日融資」を特徴となります。

銀行カードローンの審査時間は早い!

審査時間は一般的に消費者金融のほうが銀行より早いと言われています。

大手消費者金融では申込30分~1時間分以内に審査回答をアピールしているところが多くありますが、銀行では申込から回答まで最短即日から数日、長いところで1週間と色々です。

しかし最近では大手銀行を中心に大手消費者金融と変わらない時間に審査時間を縮めてきています。

例えば、三井住友銀行では審査時間が最短30分となり、セブン銀行カードローンの審査では最短10分の審査回答となる場合もあります。

それはやはり実際の審査をするのが都市銀行カードローンの場合、それぞれの保証会社であるアコムプロミスであることが関係あると考えれます。

さらに静岡銀行などの大手地方銀行もまたそれに追随してどんどん審査の時間を早くしています。

一方、申込者側も申込方法や申込日を工夫すればより審査時間を短くできます。

ネットや店舗窓口で申込すれば郵送より早く審査してくれますし、忙しい週明け月曜日や年末年始を避け火~木・平日の午前中など混まない時間帯に申込すれば審査時間が早くなります。

カードローン審査通過に欠かせない在籍確認

審査に欠かせない手続きで在籍確認があります。

businesswoman
在籍確認とは申込者本人が申込書に記載した勤務先にちゃんと在籍しているかを、金融機関が電話を掛けて確認する手続きです。

この場合、消費者金融等では個人名で掛けるのですが、銀行は銀行名を名乗って職場に電話を掛けることがほとんどです。ただそれで申込人がカードローンを銀行に申込していることがばれることはほとんどありません。

銀行としても会話の応対にそれなりの配慮をして電話を掛けています。

審査に関して絶対やってはいけないことは虚偽事項を申告することです。わからないだろうと高をくくって収入を必要以上にかさ上げして申告したり、過去の他社での支払い延滞の事実を隠して申込しても、相手は金融のプロなので色々な方法を使って割と簡単にその矛盾に気付きます。

いったん銀行の信用を落とすと、カードローンが借れないばかりか、その情報が金融機関に蓄積され他のローンも含めて長期間悪影響を及ぼすことになります。

WEB完結なら電話連絡なしで借りれるカードローン

  • セブン銀行
  • SMBCモビット
  • アイフル

銀行カードローンの審査後に本契約

ginkoatm
審査回答後には契約手続きがあります。

契約はネットで全て済ます方式から、店頭窓口/自動契約機/郵送を使った方法まで色々あります。

また、ローンカードの受け渡しにも契約書締結と同時にローンカードが交付されるものから、郵送で後から自宅に送られる方法と先にローンカードを自宅に送付しておいて契約書が顧客から銀行に返送されて初めてローンカードが使えるようになるタイプまであります。

ローンカードを発行せず以後の借入は全て振込で融資を受けたり、手持ちのキャッシュードにローンカード機能をつけることで兼用カードとして使う方法を行っている銀行のローンもあります。

銀行カードローン即日融資のポイント

銀行カードローンでは融資の時間にもバリエーションがあります。

businessman

● 申込当日に融資を受けられる場合
● 申込の翌日に融資してもらえる場合
● ローンカードが郵送で自宅に届いて初めてATM等から借りる場合

申込、当日に融資を即日で受けるためにはローンカードの発行を待たず、直接自分の取引している銀行の口座に資金を振込んでもらう方法があります。

ただこのサービスを受けるには、そのカードローンを発行する銀行が指定している限られた範囲の銀行で事前に普通預金口座を開設しておく必要がある場合もあります。

即日融資を受けるポイント

また即日振込キャッシングを受けるには、申込から審査回答まで遅くても当日14:00ごろまでに手続きを終わらせておかねばなりません。

その時間帯以降の振込は翌営業日に回されます。また別に融資時間を早める方法に、当日早めにネットから申込・審査・審査回答まですべて手続きを終わらせておいて、その銀行の自動契約機に出向きローンカードを発行してもらう方法があります。

都銀だと、三井住友銀行の自動契約機でこの方法が使えます。ローンカードが手に入れば後は、自分の都合のよい時間に近くのATMから借入して引き出せばいいのです。

もちろん融資を急がない人は、ゆっくり時間をかけて郵送手続きでローンカードを発行してもらう方法もあります。

急いでお金を借りたい方は、こちらをチェック!
今すぐお金を借りれる所!個人で借りるカードローン

銀行なのに来店不要で申込利用できるカードローン

ネットを使った申込でどんどん手続きが簡素化される方向になっているので、銀行カードローンの場合も一切「来店不要」の銀行が増えています。

三菱UFJ銀行はその代表ですが、ほかに住信SBI銀行などネット専業銀行などはもともと店舗がないので、手続きがネットで完了する「来店不要」の銀行です。

来店不要で借りれる銀行カードローン

  • イオン銀行
  • オリックス銀行
  • 新生銀行レイク
  • 大和ネクスト銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • ジャパンネット銀行

これらの銀行は来店せずカードローンを発行できることで、申込者にはたくさんのメリットが以下のようにあります。

  • 自宅や職場から忙しくて店舗に行く暇のない人でも手続きができる
  • 申込を家族や知人に見られる心配をしなくていい
  • 金融機関のスタッフと面談しなくていい
  • 住所の近くに銀行の店舗や自動契約機がなくてもカードローンが手に入れられる

このように、来店不要で利用できる銀行カードローンがあり利用しやすいことが解ります。

銀行カードローンの申込方法

ginkoatm
申込の方法は大きく分けて5つの方法から選べます。
  • ネット
  • 電話
  • FAX
  • 郵送
  • 店舗窓口

このうち、郵送を除き申込の時間帯を平日の午前中にして早く審査の回答を得られれば、その日のうちに融資を受けられるケースが高いです。

申込の必要書類としては、申込書以外に一般的に 運転免許証/保険証/パスポート/住基台帳カード/マイナンバーなどの本人確認書類と源泉徴収票/所得証明書などの所得確認書類が必要です。

また自営業者の場合は確定申告書が所得確認書類となります。
さらに申込金額が一定額以下なら所得確認書類は不要となります。

銀行カードローンのATM利用内容

カードローンに関してATMは大きくふたつの使い方ができます。

businessman
ひとつは借入、もう一つは返済です。

カードローンを発行している銀行のATMのみならず提携金融機関および提携コンビニのATMでも可能です。

カードローンによる借入

ただ発行銀行ATM以外の提携ATMを使って借入をした場合、利用手数料が無料の場合と有料の場合がありますので注意が必要です。

また借入額に一日当たりの払出金額の制限が加えられていることもあります。

カードローンによる返済

返済も同様で、カードローン発行銀行ATM、提携金融機関及び提携コンビニATMを使って返済することができますが、こちらも借入同様、手数料が無料と有料の場合があります。

返済額に関し、千円以下の単位の返済を受け付けていないATMもかなりありますので留意してください。

一方ATMを利用して通常の毎月返済と別に随時返済や一括返済を行うこともできます。

お金ができたとき、随時返済を使って積極的に元金を減らすことで総支払額を少なくできます。

銀行カードローンのメリット・デメリット

銀行カードローンは、特徴を理解して計画性のある使い道をすればとても便利なお金になります。融資を受けて失敗しないためにも、カードローンのメリット・デメリットを把握しておくことがとても大切です。

  • 金利が相対的に安くなっている
  • 銀行のカードローンなので安心感が持てる
  • 総量規制が適用されないので利用極度額を大きくできる
  • 所得のない専業主婦(主夫)でもカードローンの申込が可能な銀行がある
  • 極度額が大きいので他の金融機関の借入のおまとめや借換えに活用できる
  • 総量規制による所得の制限がないので一定の申込額までは所得証明書なしで申込・審査ができる
  • 一般的に消費者金融等より審査が厳しめ
  • 地銀・信用金庫などは審査に時間がかかる場合が多い
  • 所得判定困難を理由に自営業者にはサラリーマン以上に審査が厳しめ
  • カードローン発行に自行の普通預金口座開設を条件としているところが多い
  • 個人信用調査機関の結果が悪いと審査に通らない可能性が極めて高い
  • 消費者金融等と比べると金利の一定期間ゼロサービスをしているところがほとんどない
  • カードローン枠だけ作って使わないと、その極度額がそのまま融資額とみなされ、次に住宅ローンや教育ローンを借るときの審査に悪影響を与えることがある